雨宿りも素敵な時間に、雨の日のちょっとしたBRUNOの楽しみ方

こんにちはBRUNO担当の中里です。

今日の京都は雨。しとしと小雨だったのですがちょっとくらい近所をふらっと走ろうかな?

と思い会社のBRUNOを持出して出てみました。皆さんは雨の日でも自転車に乗りますか?

 

IMGP3451

 

賀茂川沿いでパチリ。

パキッと晴れた日の光もきれいですが、

雨のどんよりした空気感も写真に収めるとこれはこれで良いのではないでしょうか?

どんなコンディションでも 夢中になりワクワクできるこの瞬間が自転車の良いところですね 。

IMGP3452

 

私のお気に入りのBRUNOの一部分。

これはスイス・クロスターズと言う街の紋章の一部なのです。

なぜ街の紋章が車体に描かれているかはまたの機会に・・・

IMGP3457

その後、さすがに雨が強くなり橋げたで雨宿りしていると、隣で強そうな重機が川の中で活躍しています。

僕は子供の頃から根っからの乗り物好き、思わず仕事っぷりを眺めていました。

こんな雨の日のサイクリングはなぜか感傷的になってしまう瞬間も・・・みなさんはどうですか?

IMGP3460IMGP3459

橋げたの陰でシルエット化されたBRUNO

このシルエット、美しくないですか?

雨に日にはお天道様と相談のうえで進むペースも決めていきます。

自分ばかりのペースではなく、こんな相談をしながら次の行き先を決める。

朝一とは違ったゆったりとした時間が流れます。これも雨の日の特権ですね。

IMGP3461

 

小さいけれど雨の中で、しっかり走ってくれる車輪たち

私はこの前車輪周りのこの角度、好きなんですよね。

雨のサイクリングだと、こういう雨宿り休憩が楽しいひとときだったり・・

カメラ片手に、ボーっと川の水の流れを見て見たり、自転車ずーっと眺めてみたり・・

走りメインのサイクリングともまた違った趣があり、なんとも至福の時間なのです。

IMGP3468

結局、川の流れに引き込まれ何をするわけでも無く眺めているだけで心が休まります。

キャンプで炎をずーっと眺めていたことありませんか?それと同じ感じですね(笑)

 

この時「もう帰りますよ!」後ろから一緒に出掛けた同僚の一声が。

母親に「御飯の時間よ、帰ってきなさい!」と言われた、子供の頃に一瞬戻ったような、あの感覚・・

 

 

 

ちょっとした時間、ただ自転車に乗ってるだけでワクワクした【あの頃】

やっぱり私は自転車に乗っている時間が幸せです。

皆さんも天気に負けず、乗りたいと思ったときには乗ってみてください。

BRUNOはそんな小さな旅やタイムスリップの楽しみ方も知っている自転車なのです。

この春は自転車で夢中で遊んだ【あの頃】をちょっと思い出してみませんか?

 

BRUNO担当 中里