PAPERSKY Tour de Nippon in Tokachi 参加募集中

BRUNOがサポートする
地上で読む機内誌”がコンセプトのトラベルライフスタイル誌『PAPERSKY(ペーパースカイ)』から誕生した、
自転車で ふれる 感じる
日本の魅力 再発見の旅プロジェクト
人から人へ、ニッポンの大事なヒト・モノ・コトを
少しずつ、確かに、伝えていくプロジェクト。

Tour de Nippon/ツール・ド・ニッポン。

今秋は 北海道・十勝にて開催。
現在参加者募集中です。
とても人気のイベントなので定員になる前に興味のある方はお急ぎを!!

 

以下、PAPERSKYさんのHPより引用
今秋、十勝で開催するツール・ド・ニッポンは、実りの秋、食欲の秋にふさわしい旅に。野菜を育てる人、パンを焼く人、牛や鶏を飼う人、チーズをつくる人・・・雄大で肥沃なこの土地に暮らす生産者のみなさんを訪ねながら、十勝の広野を自転車でめぐります。そして旅の終わりに待っているのは、十勝の“おいしい”を挟んだ特製サンドイッチ!大自然のなかで心とお腹を存分に満たす時間を過ごしましょう。

集合:9月22日(土) 14:30 「とかちプラザ」前(JR帯広駅南口からすぐ)
解散:9月23日(日) 16:00「かっこう料理店」(河西郡更別村字勢雄317-8)

詳しくは、PAPER SKY Tour de Nippon サイトをご確認ください。

PAPERSKY Tour de Nippon in Miyakojima 参加募集中

Brunoがサポートしている地上で読む機内誌 PAPERSKY人気のライドイベント日本の魅力 再発見の旅プロジェクトTour de Nippon in 宮古島 の募集がスタートしました。

とても人気のイベントなので定員になる前に興味のある方はお急ぎを!!

ツール・ド・ニッポンが初夏の旅先に選んだのは、青く澄んだ海と白砂のビーチ、美しいサンゴ礁が広がる沖縄・宮古島。1日目は「シュノーケリング」「SUP」「ヨガ」から好きなアクティビティを選んで、宮古島の海を楽しんだら、夜は今年オープンした「HOTEL LOCUS」に一泊。2日目は島を自転車で巡りながら、きれいなビーチに立ち寄ったり、集落を歩いて島の歴史、文化に触れたり、美味しいものに出会ったり…。宮古島の自然を感じながら、心身ともにリラックスした時間を過ごしましょう。

“ツール・ド・ニッポン in 宮古島で楽しめるイロイロ”

●宮古島の海を思い思いに楽しむ “3つのアクティビティ”
1. 青く澄んだ海とサンゴ礁に出会う「シュノーケリング」体験(1.5時間/定員10名)
2. バドルで水を漕いで海上散歩を楽しむ「SUP」体験(1.5時間/定員10名)
3. 波の音を聴きながら島の自然と一体になる「ビーチヨガ」体験(1.5時間/定員10名)
※3つのアクティビティから1つを選択。それぞれ専門のインストラクターが付きます。
●ビーチからサトウキビ畑まで、島の自然と暮らしを感じるサイクリング
●今年オープンした宮古島旅の新しい拠点「HOTEL LOCUS」に一泊
●宮古島で最も歴史の古い「狩俣集落」で島固有の文化を学ぶ町歩き
●マンゴー、島バナナ、黒糖・・・島の味もお楽しみに!

詳しくは こちらからhttp://www.papersky.jp/tour/miyakojima/

 

2018年最初のツールドニッポンは浜松にて開催!!

BRUNO

Tour de Nippon

昨年初秋、私たちが向かったのは「秋田」

Biking Rural Japan Akita, Japan

Biking Rural Japan Akita, Japan

By Jules Davies

参加された海外からのお客様が、素敵な記事を公開されています。
https://she-explores.com/landmarks/asia/biking-rural-japan/

BRUNO

次回開催は3月24日(土)~25日(日)

浜松にて開催

 Tour de Nippon in Hamamatsu

音楽の街、モノづくりの街、祭りを愛する街…。時代とともにさまざまなカルチャーを生み出してきた街、浜松で開催する今年最初のツール・ド・ニッポン。1日目は浜松伝統の大凧揚げに挑戦し、「OCTAGON BREWING」ではできたてのビール、「手打ち蕎麦 naru」ではそばや浜松餃子を味わいます。そして、写真家・若木信吾さんによるこの日限りの写真館もオープン!2日目は街を飛び出し、浜松名物を味わいながら浜名湖をめぐるサイクリングに出かけます。

“ツール・ド・ニッポン in 浜松で楽しめるイロイロ”
<Day 1 / 3月24日(土)>
●浜松出身の写真家・若木信吾さんによるポートレート撮影会
●今年誕生した「OCTAGON BREWING」で味わうできたてのクラフトビール
●野菜たっぷり「浜松餃子」を作って食べる、「手打ち蕎麦 naru」での晩ごはん会
●空高く上がった大凧を戦わせる「浜松まつり」伝統の凧揚げ合戦に挑戦

<Day 2 / 3月25日(日)>
●静岡に来たなら味わいたい「炭焼きレストランさわやか」の絶品ハンバーグ
●心を穏やかにしてくれる浜松の原風景、浜名湖での湖畔サイクリング
●みそまん、天竜茶、三ヶ日みかん、フレンチフライ・・・地元の味が続々登場

PAPERSKY ツール・ド・ニッポン in 浜松
~街の魅力をつくり出す人たちに出会う
気になる街・浜松をめぐる春の自転車旅~

詳細はPAPER SKYウェブサイトを確認ください 

Bruno X Cycle 「Bento Ride 2 in Kanazawa」開催!

旅がテーマの自転車 Brunoと、cycle編集部がコラボした 街で楽しむビギナー向けのサイクリングイベント
「Bento Ride」の第2回の開催が決定!
石川県・金沢市内を舞台に、地元の自転車店Velow’sさんと一緒にライドを楽しみます。

「”B”から始まる新しい旅」と銘打って、年2~3回実施予定のこのイベント、Bento Rideは「Bento(弁当)」がテーマ。
金沢の台所・近江町市場の惣菜店などに立ち寄り、好きなおかずを買い集めます。
お弁当箱を持ってライド&ショッピングした後は、芝生のある河川敷でピクニックランチ。
参加者の中から”Bento大賞”を選出する企画も。
参加者にはイベントオリジナルマップ「Bento Ride MAP -Kanazawa-」もお配りします!

当日はBrunoのレンタサイクル、レンタルヘルメットもあります(台数限定、要予約)。
初夏の一日、お気に入りのお弁当箱をもってサイクリングに出かけてみませんか?

詳しくは CYCLE HPをご確認ください。
http://www.cycleweb.jp/event/index.html

 

開催日
2017年6月10日(土)10:30am~3:30pm *受付は10:00amから
*参加費:2,500円(お弁当箱・昼食購入費は各自ご持参ください)
*集合場所:JR金沢駅周辺。詳細はご予約の際にお伝えいたします。

*要予約です。ご予約とキャンセルは前日までにご連絡ください。
*申込期間:受付中~5月30日(火) *定員:20名(定員になり次第締め切ります)
*雨天中止。前日9:00amの天気予報で判断してご連絡いたします。
*イベント中におこった事故、盗難、損失、損害について、主催者は一切責任を負いません。

*ご予約・お問い合せ e-mail: info@cycleweb.jp
*ご予約方法:メール件名を「Bento Ride 2 参加申し込み」として、
【イベント名】【お名前】 【当日連絡可能な電話番号】【人数】【レンタサイクル希望の有無】を明記の上、
info@cycleweb.jp へメールをお送りください。
担当者が確認後、折り返しご予約通知メールをお送りいたします。

数日経っても返信がない場合は、TEL 090-9090-7469 までご連絡ください。

主催/ダイアテック株式会社 協力/Velow’s、季刊紙cycle編集室

d design travel 奈良特集

ロングライフデザインをテーマに活動する、D&DEPARTMENT PROJECTが、
47都道府県それぞれにある、その土地に長く続く「個性」「らしさ」を、デザイン的観点から選びだして、
観光ガイドとしてまとめたものが「d design travel」。
旅をテーマにするBRUNOはこの活動を応援しています。

愛知号に次ぐ今回は奈良号。

土地、レストラン、カフェ、ショップ、ホテル、人々…6つの視点でそれぞれ3~4の掲載対象が選ばれ、
選ばれたスポットにはdマークとして地図上で紹介されます。

今回の出版パーティーは奈良駅から少し南に行った「鹿の舟」にて行われた出版パーティーに参加してきました。

ここ「鹿の舟」には
「繭」 観光案内所を兼ね、地域の資料なども閲覧できる図書室も併設された館
「竈」 炊き立ての竈ご飯を味わえ、地元の食材も購入できるグローサリーを併設した食堂
「囀」 今回訪れたのはこちら、朝食からランチまで頂ける開放感あふれたカフェスペース
の3つの館が立ち並んでいます。

(囀)
奈良へ行かれる際にはぜひとも寄られてみてはいかがでしょうか?
実は以前の「ツールドニッポンin奈良」の際にもこちらに寄らせて頂きました、
奈良のキーワードとなる場所であることは間違いないようです。

そして話題は奈良号、本誌の中へ。
我々チームBRUNOは、弊社の位置する京都の隣県である奈良の奥底に興味津々。
Dマークとして記された場所へと行ってみたくて仕方がありません。


私が最も気になったdマーク
K COFFEEさん
ガソリンスタンドの跡地でカフェ、電話ボックスには金魚
なんだかもうよく解りません、、でも楽しそう。
子供時分に近所に住んでいたのならば、絶対通ってこのお兄さんと仲間になるな・・・
などと妄想にふけった私でした。

本を読み進めながらその土地の魅力や、見知らぬ人たちに思いを馳せます。
これがまた、ただのトラベルガイドと違ったこのd design travelの魅力なのでしょう。

毎回パーティーでは感嘆の声が上がる表紙をモチーフにしたケーキ
今回のケーキもレベルが高い、全国各地どこで依頼をしてもこの結果が出せるお菓子職人さんの実力には毎回脱帽です。

よく聞く観光名所だけでなく、よりその土地らしい場所へと踏み込んでいく。
そんな旅をぜひ自転車で

実際に取材の期間中はその土地に編集の方たちは滞在し、幾度となく通いながら気になるスポットを掘り下げていくという手法で進めていらっしゃいます。
車でしか行けないポイントもあるかもしれませんが、拠点を見つけスポットを巡る旅には自転車はピッタリ。
編集の方たちも取材中にはBRUNOにまたがり、その土地の「らしさ」を見つける旅をしていらっしゃいます。
よくある観光ガイドとは少し違った目線で掘り下げている内容で、知っている土地も新たな土地もより興味深くしてくれる本になっています。

その町の雰囲気をつかんでいくには、風、におい、気配を感じる事の出来る自転車がスピード的にもちょうどよいのではないでしょうか。

BRUNO広告の「一本道シリーズ」
弊社のプロモーションデータで、周りの方にお任せしているのはこのd design travelだけ。
本当に毎回素敵な一本道を探し出してくださいます。
この道の先にどんなワクワクがあるのか走ってみたくなりますよね、まさにBRUNOの感じてもらいたいテーマを表現してくださっています。

次号は「埼玉」
もうすでにBRUNOに乗った編集者が埼玉の魅力を探す旅に出ておられます。

次号からは代表のナガオカケンメイ氏が編集長として久しぶりの復帰をされます。
また魅力あふれる日本の旅を応援してくれることでしょう。

BRUNOはこれからも魅力ある旅の提案に取り組んでいきます!

 

d design travelについて