A-O-I、海を渡る (後篇)

BRUNOでニッポン各地を旅するツール・ド・ニッポンで訪れた小 豆島。青々とした棚田の、ゆるやかなのぼり坂を進んで体が馴れたころ、たどり着いたのは中山 農村歌舞伎。その起源は、約300年前の江戸中期。お伊 勢参りに出かけた島の人が持ち帰ったものといわれ、島人たちが集落の大切な伝統芸能として守 り

0630_bruno02 0630_bruno01

 

島民でもあがったことがない、人も多いという舞台にあがり、貴重な歌舞伎小屋を見学させても らった一行が、待ってました!と飛びついたのが、こちらのお弁当。

0630_bruno03 0630_bruno04

 

歌舞伎を鑑賞するときに食されていた「わりご弁当」。わりごは、台形や四角い小ぶりの弁当箱 が約20個入るこの箱のこと。お弁当を手に、地域の人たちが賑やかに楽しく歌舞伎見物していた ことを想像しながらペロリ。参加者たちと分かち合って食べ、いよいよ峠を目指します。

 

0630_bruno05

0630_bruno06 0630_bruno07

 

棚田から山をこえ、池田港と海を横目に感じる開放感とうらはらに、三都半島にそびえる段山へ とつづくアップダウン。一番の“がんばりどころ”でもある峠を目指す自らを、とにかくふるいたた せることへ集中すること約10分。全体としてはほんのわずかな時間でも、ここでの達成感は、後 に勲章のような記憶として残るはず。乗り越えたみんなの表情から、そんなことが伝わってきま す。

0630_bruno080630_bruno09

 

峠を制した私たちは、もう無敵! BRUNOを渡し舟に乗せて、二十四の瞳映画村へ。この、“舟”を活用したのが、 小豆島サイクリングのユニークなアイデアでした。オリーブ公園のあたりから、草壁港・醤の里へ ゆくのに、交通量の多い幹線道路しか選択肢がない……と嘆くことなく、舟で快適に、海をわた り、車の行き来を心配することなくヤマロク醤油へゆるゆる、ゆる。醤油の 香りただよう町を、自転車でのんびりめぐるひととき。

0630_bruno10

島に吹く風
山と海と里の美しい景色
とびきり美味しいご飯


そして魅力あふれる島人たちとのふれあい

きっとまたすぐ、帰ってきたいという思いを抱きながら、島を離れる人、それを見送る人。港か らそれぞれの日常へと戻ってゆく背中を、島の風はそっと押しているようでした。

 

0630_bruno11

KaO

 

A-O-I、海を渡る (前篇)

このほど、AOI(葵・青い)と命名された蒼いBRUNO。海を渡ってまいりました。

0622_01_AOI

更新が遅くなってしまったのですが、5月末日のこと。BRUNOでニッポン各地を旅するツール・ ド・ニッポンで訪れたのは、香川県の小豆島。ところが気合い十 分、五月晴れ!を想像していた私の耳に、思いもよらない情報が飛び込んできたのは、開催の数 日前。

“なに?雨予報!?” いやいや、雨が降るなんてこれっぽっちも思ってやしませんよ。しかし、さ すがに2日前の降水確率100%には、まいりました。参加者への直前案内にも、“念入りに雨対策 を”と呼びかけて迎えた当日……雨あがりの霧の朝、清涼な空気に包まれているじゃないですか!

 

0622_02_IMG_9683 0622_03_IMG_9689

まぁツールドといえば、なお決まりの嬉しい奇跡で、2015年シーズンが幕を開けたのでした。 東は東京から西は大分と、各地から船や、船とバスを乗り継いで土庄港へと続々と集まる参加者 の皆さん。BRUNOの点検とフィッティング、自転車の乗り方、集団で走行する際の注意点などを 伝え、準備体操を済ませたところで、いよいよサイクリングスタート。

0622_04_IMG_9701

小豆島は、外周をぐるっと1周して約100km。瀬戸内の美しい海に浮かぶ島ということもあっ て、サイクリストにも人気の場所なのですが、そこを、ツール・ド・ニッポンでしか体験できない 1日にするのが私の仕事。

0622_05_IMG_9766

小豆島のBRUNO BOYZ(後日、ご紹介しますね)と、試走・下見の段階から相談・検討を重ね て完成したルートは、山あいの棚田、暮らしや伝統を訪ね、峠を越える達成感、ご褒美のクルージングに、島の大切な食文化とのふれあい……詳しくは、BRUNOPAPERSKY、小豆島町との合作によるBicycle Mapをご参照ください。

0622_06 0622_07_IMG_9881

0622_08_IMG_9845

 

山あいに広がる棚田の風景は、私が各地を走るときに好んで選ぶもののひとつ。とりわけ、そこ に暮らす人たちの気配を感じられるのが嬉しいのだ。カルガモの親子が住む川沿いの小径、棚田 の間の畦道、散歩する人たちと挨拶を交わして軽快に抜ける。しばらく続くゆるい坂道も、こう して走れば気持ちも軽やか。

そうこうしているうちに辿り着いた先は、中山農村歌舞伎。歌舞伎小屋からつづく、小豆島サイク リングのつづきは、後編につづきます。

KaO

雨が味方することだって、あるのです

IMG_7308

ゴールデンウィークの【京都、自転車ランデブー】な怒濤の5日間を、静かに振り返っている週末です。それに しても連休中のこの日だけ、この日に限って雨……。晴れることしか考えていな かった私は、起きたときの降り様にがっくり。サイクリング with BRUNOな1日 は、小雨に始まったのでした。

IMG_7298

  IMG_7304

 

BRUNOガレージでスタンバイしていた、みんなのBRUNOを、各自の背丈にあわせてフィッティング。ヘルメットの正しいかぶり方も伝授いただいたところで、上賀茂~静原・大原~上賀茂をめぐる約30kmの自転車旅へ出発です!

IMG_7345

IMG_7336

出発したころ降っていた雨もすぐに止み、ゆるゆると続く坂道。おかげで走って出る熱量から、雨具も脱ぎ捨てこのとおり。鯉が天に向かって舞うように、みんなのテンションもあがります。それもそのはず、このあとお目当てのランチがお待ちかねなんですから。

IMG_7388

「今回のランデブーで上賀茂~大原を目指したのも、かねてから行ってみたかった【カフェ ミレット】へみんなを誘うためでもありました。体においしいのはもちろん、見ためも量も、カフェの雰囲気も◎。私たちへのへの最高のご褒美に会話も箸も進みます。この場を去りがたく思いながら、江文(えぶみ)峠へと向かいます。

 

IMG_7424

IMG_7429

この日のサイクリングでは、上賀茂から静原、大原へ“峠を越える”達成感はもち ろん、その先に大原があることの発見と、そこを自転車でめぐることを体感して 帰ってもらうことが狙いでした。この表情をみていれば、十分にそのことが伝わ ったように思えて、私はひとり充たされてみんなの姿を見つめていたのでした。

IMG_7457

 

IMG_7492

 

雨という現実にちょっぴり悔しい思いもあったのですが、連日の暑さからすれ ば、このくらいの雨ならむしろ有り難いこと。青々とした木々が、いっそう美し く映えた雨の日のサイクリング。走り終えるころには青空が私たちを迎えてくれ たということも、ドラマティックな思い出になったのでした。

IMG_7522 IMG_7527

そうそう、雨でしっかりBRUNOも汚れてくれたおかげで、メンテナンスと自転 車ケアも、みんなで楽しめたのですから!またきっと秋までの良きときに、サ イクリング with BRUNO、企画しますからね。雨の日を狙っ……て? 笑

 

 

KaO

 

 

 

 

 

レンゲソウが呼んでいる!

mybruno02

 

こんにちは & はじめまして!自転車アクティビストのKaOです。

今回からこちらで京都でのいろいろ自転車生活をみなさんにお伝えします。どうぞよろしくおねがいします。

さてさて、東京から京都へ越して3年目に突入したこの春、ついにBRUNO 700C flatを我が家に迎えたのです。

 

0427bruno_hirosawaike01

ということで、4月のよく晴れた日の朝。北野天満宮で待ち合わせていた友と、“レンゲ畑”をめざしてサイクリングへ

 

0427bruno_hirosawaike02

妙心寺、仁和寺など古刹を横目に辿り着いた広沢の池(右京区嵯峨広沢町)ここは月見の名所、そして時代劇のロケ地(必殺仕事人や鬼平犯科帳など)で知られる場所。雨あがり2日目ということもあって、青々とした山がひときわ美しく見えたのでした。

あぁ、うっとり……なーんていうヒマはないほど、池沿いの道は車の行き来も多いので、もし自転車で走る場合はご注意くださいね。

 

0427bruno_hirosawaike03

町中から1時間足らずの、この景色(東京では考えられない贅沢です)。これこそ京都の醍醐味だなぁと、毎度しみじみ。水がほどよく溜まった田んぼ一面にレンゲソウが生えています。調べてみると、レンゲソウには土を肥やす効果があって、秋に農家の人がわざわざ種子をまくのだそう。緑肥(りょくひ)といって、田植えのときに土の中に混ぜ込むことで、 土の肥料分を増やす。間もなくそのころを迎えるということは、レンゲ畑の旬はいましかない!ということで、ここへやってきたのでした。

田畑ごしに遠く、京都を臨むこのあたりの景色は、サイクリングのご馳走。ではあるのですが、私たちのおめあてはもう一つ、無人販売で朝採れの野菜や、もう旬を終えようとする筍でした。

 

0427bruno_hirosawaike04

あるある!陽気に買い込みすぎた私ですが、野菜をいれるためのサコッシを、うっかり忘れてしまったワタクシ。そんな時はね……と、ご一緒した@oguuuさん。おもむろにビニールの袋を真ん中で裂きはじめ、野菜がどっちゃり入った袋の持ち手にそれを結びつけて即席サコッシュに!おかげで帰路は快適爽快。いやぁ、サコッシュ忘れたおかげで、いいこと教わっちゃいました。

 

0427bruno_hirosawaike05  0427bruno_hirosawaike06

 

さて、新車BRUNOでの初のサイクリングを終えたわけですが、次のチャンスはゴールデンウィークの京都!

0427bruno_hirosawaike07

ワタクシが企画・主催する京都、自転車ランデブー 2015 では、BRUNOの協力を得て5月4日(祝・月)に上賀茂神社〜大原へ向けてのサイクリングにでかけます。ずっと行ってみたかった大原のカフェミレット、寺社への立ち寄りなど気ままに過ごします。

2015KJR_omote_m

 

BRUNOレンタル枠は早々に埋まってしまいましたが(ごめんなさい!)、「メンテナンス、できていないんだよなぁ」というご自分の自転車で参加すれば、スタート前に簡単なメンテナンス講座も受けていただけますよ

5月2日〜6日の5連休。落語にはじまって朝さんぽ、サイクリング、ピクニックに、坐禅と菓子と、もりだくさんの京都の日常を、気軽にお楽しみくださいね。

 

プロフィール

自転車アクティビスト KaO

 

雑誌『PAPERSKYBicycle Clubキャプテンとして、Tour de NIPPONの企画を担うほか、独自プロジェクト京都、自転車ランデブーの企画・実施も

京都、自転車ランデブー

ウェブページ  http://nakanakagoo.com

Facebook   http://www.facebook.com/KyotoJitenshaRendezvous

 

 

 

「電車に乗って、自転車も載せて。いつもと違う街に気軽にトリップ」

image002

 

さあ、今週も漕ぎましょう。

こんにちは、BRUNO担当の中里です。

今週はいつもの街、代官山からちょっと自転車を持って休日の旅に出る事にしました。

持って? 乗ってじゃないの? そう、今週は持って出かけます。

 

image004

駅前までは漕いで漕いで、到着と同時に準備を始めます。

何の準備をするかですって?

image006

そうです、今週の小さな旅は「輪行」電車に乗せてお出かけです。

写真のように車輪を外して、専用のバッグに小さくして詰めて行きます。

慣れて来れば駅前で10分の作業、決して難しくはありませんよ。

「輪行」自転車旅の登竜門的な遊び方、是非一度挑戦してみてください。

 

image008

電車に乗ったら先頭もしくは最後尾車両に乗車しましょう。

ちょっと大きめの荷物を持っての乗車ですのでちょっとした気遣いは大事ですね。

もうあとは目的地まで電車に揺られるだけ、目的地でどこへ向かうかをこの間に悩むことにしましょう。

image010

 

到着してバッグから引き出した状態。

たった前車輪を外しただけで電車に乗せることができるんですね。

しっかりと組み立てし最終チェックをしたら、さあ出発です!

 

image012

河口には立派な桜が。

もうすでにお花見の人で街はにぎわい始めていました。

いよいよ春本番ですね。自転車をこぐ気持ちも高ぶってきます。

 

image014image016

今週も早目にご飯にありつけました。

今週は横浜中華街。好みの中華を探して自転車押しながら進みます。

見つけたのは? 本格四川、何とも私の大好きなホワジャオたっぷりのコースを発見です。

自転車に鍵をかけ、一時さよならをしてきます。

こんな時も迷惑にならない所へしっかりと施錠して行きましょうね、心焦り鍵のかけ忘れなど無いように注意です。

 

名称未設定-1

あ〜、楽しかった。
何とも言えない独特な空気感、アンティーク好きな私はとても楽しめました。
地元とは違う街を自転車で走り、気になる所へどこでも行けてしまう。
やはり自転車が一緒にある休日は良いですね、とても楽しい休日を過ごせました。

image040

 

 

 

帰りも袋へ詰めて「輪行」

(実際に電車へ乗せるときはサドルもきっちり袋の中へ納めてくださいね、写真用にこの時だけサドルを出しています)
家の近所まで電車で帰るもいいし、ちょっと手前の駅で降りて少し走って帰るのもおすすめです。
休日プランの幅がとても広くなる「輪行の旅」は是非お勧めです。

BRUNO担当 中里