レンゲソウが呼んでいる!

mybruno02

 

こんにちは & はじめまして!自転車アクティビストのKaOです。

今回からこちらで京都でのいろいろ自転車生活をみなさんにお伝えします。どうぞよろしくおねがいします。

さてさて、東京から京都へ越して3年目に突入したこの春、ついにBRUNO 700C flatを我が家に迎えたのです。

 

0427bruno_hirosawaike01

ということで、4月のよく晴れた日の朝。北野天満宮で待ち合わせていた友と、“レンゲ畑”をめざしてサイクリングへ

 

0427bruno_hirosawaike02

妙心寺、仁和寺など古刹を横目に辿り着いた広沢の池(右京区嵯峨広沢町)ここは月見の名所、そして時代劇のロケ地(必殺仕事人や鬼平犯科帳など)で知られる場所。雨あがり2日目ということもあって、青々とした山がひときわ美しく見えたのでした。

あぁ、うっとり……なーんていうヒマはないほど、池沿いの道は車の行き来も多いので、もし自転車で走る場合はご注意くださいね。

 

0427bruno_hirosawaike03

町中から1時間足らずの、この景色(東京では考えられない贅沢です)。これこそ京都の醍醐味だなぁと、毎度しみじみ。水がほどよく溜まった田んぼ一面にレンゲソウが生えています。調べてみると、レンゲソウには土を肥やす効果があって、秋に農家の人がわざわざ種子をまくのだそう。緑肥(りょくひ)といって、田植えのときに土の中に混ぜ込むことで、 土の肥料分を増やす。間もなくそのころを迎えるということは、レンゲ畑の旬はいましかない!ということで、ここへやってきたのでした。

田畑ごしに遠く、京都を臨むこのあたりの景色は、サイクリングのご馳走。ではあるのですが、私たちのおめあてはもう一つ、無人販売で朝採れの野菜や、もう旬を終えようとする筍でした。

 

0427bruno_hirosawaike04

あるある!陽気に買い込みすぎた私ですが、野菜をいれるためのサコッシを、うっかり忘れてしまったワタクシ。そんな時はね……と、ご一緒した@oguuuさん。おもむろにビニールの袋を真ん中で裂きはじめ、野菜がどっちゃり入った袋の持ち手にそれを結びつけて即席サコッシュに!おかげで帰路は快適爽快。いやぁ、サコッシュ忘れたおかげで、いいこと教わっちゃいました。

 

0427bruno_hirosawaike05  0427bruno_hirosawaike06

 

さて、新車BRUNOでの初のサイクリングを終えたわけですが、次のチャンスはゴールデンウィークの京都!

0427bruno_hirosawaike07

ワタクシが企画・主催する京都、自転車ランデブー 2015 では、BRUNOの協力を得て5月4日(祝・月)に上賀茂神社〜大原へ向けてのサイクリングにでかけます。ずっと行ってみたかった大原のカフェミレット、寺社への立ち寄りなど気ままに過ごします。

2015KJR_omote_m

 

BRUNOレンタル枠は早々に埋まってしまいましたが(ごめんなさい!)、「メンテナンス、できていないんだよなぁ」というご自分の自転車で参加すれば、スタート前に簡単なメンテナンス講座も受けていただけますよ

5月2日〜6日の5連休。落語にはじまって朝さんぽ、サイクリング、ピクニックに、坐禅と菓子と、もりだくさんの京都の日常を、気軽にお楽しみくださいね。

 

プロフィール

自転車アクティビスト KaO

 

雑誌『PAPERSKYBicycle Clubキャプテンとして、Tour de NIPPONの企画を担うほか、独自プロジェクト京都、自転車ランデブーの企画・実施も

京都、自転車ランデブー

ウェブページ  http://nakanakagoo.com

Facebook   http://www.facebook.com/KyotoJitenshaRendezvous

 

 

 

Tour de Nippon in Shodoshima 参加募集スタート

shodoshima

 

Bruno&B_antもサポートしている地上で読む機内誌 PAPERSKY人気のライドイベント

日本の魅力 再発見の旅プロジェクトTour de Nippon 2015年最初のツアーは小豆島!

参加募集がさっそく始まっています、とても人気のイベントなので定員になる前に興味のある方はお急ぎを!!

 

以下、PAPERSKYさんのHPより引用

 

Tour de Nippon in Shodoshima

温暖な瀬戸内の気候、風光明媚な海と空と山の景色が広がる小豆島。

高松から1時間、神戸からもわずか3時間。潮風に乗って船でたどりつく楽園では、オリーブの街路樹が出迎えてくれます。

自転車で外周を走っても100キロほどの島ですが、ツール・ド・ニッポンの旅では、ひと味ちがった小豆島の楽しみ方を提案します。

のどかな山の暮らしと文化にふれ、海へ。体で島の形状を確かめながら、アップ&ダウン。途中、おいしい島ごはんをつまみ食いしながら、

好天であれば小さな船旅もお楽しみいただきます。ここを訪れる人だけが得られる、素晴らしき出会いの島時間へ。

さあ潮風に乗って、ツール・ド・ニッポン in 小豆島へ船出です。

 

食と人の魅力にふれる、小豆島・開放の旅へ

5/31(sun)
集合:8:30 土庄港(高速艇の乗り場に併設の売店内)
解散:16:00 草壁港
走行距離:47km(約2kmの船移動を含む)

 

もちろん、Brunoも当日レンタルバイクとして大活躍します

自転車も持っていない方、また現地までの自転車の運搬が難しい方はBrunoのレンタルバイクで参加出来ますよ(有料)

あなたもBrunoと一緒にTour de Nippon 小豆島へ参加してみては!!

 

 

 

 

HOTEL EDIT 横浜でBruno Ventura Dropが展示中です。

DSCF8351

横浜 桜木町で4月にオープンしたばかりのスタイリッシュなホテル

HOTEL EDIT YOKOHAMAさんにBruno Ventura Dropが展示中です。

DSCF8364

 

ライフスタイルを提案するホテルやサービスオフィス、ライフスタイルショップ、レストラン&デリが一体となった複合型宿泊施設で、今までにはない新しいスタイルのホテルです。

DSCF8344

 

DSCF8321 DSCF8305

DSCF8341

洗練されたレストランやデリは居心地も良く、ディナーはもちろんランチだけでも利用できます。

写真はランチメニューのグリーンカレー。これがまた絶品でした、オススメ!

全館ゆったりリラックスできる空間なので、滞在中はおもわず外出したくなくなりますね(笑)

DSCF8317 DSCF8315

1FエントランスにはBruno Bikeとも仲が良いPAPERSKYショップもあります。

編集長ルーカスが旅をテーマに世界中からセレクトした、こだわりのアイテムを実際に手に取ることができます。もちろん、その場で購入することも可能ですよ。こちらも必見です!

 

DSCF8356

スタイリッシュな空間にBruno Ventura Dropが映えます。

ゆったりくつろげる素敵な空間 HOTEL EDIT 横浜さん

横浜に滞在の際にはオススメです

ぜひぜひ!

 

HOTEL EDIT YOKOHAMA

〒231-0013 神奈川県横浜市中区住吉町6丁目78番地1

電話 045-680-0238

 

 

 

 

 

 

「電車に乗って、自転車も載せて。いつもと違う街に気軽にトリップ」

image002

 

さあ、今週も漕ぎましょう。

こんにちは、BRUNO担当の中里です。

今週はいつもの街、代官山からちょっと自転車を持って休日の旅に出る事にしました。

持って? 乗ってじゃないの? そう、今週は持って出かけます。

 

image004

駅前までは漕いで漕いで、到着と同時に準備を始めます。

何の準備をするかですって?

image006

そうです、今週の小さな旅は「輪行」電車に乗せてお出かけです。

写真のように車輪を外して、専用のバッグに小さくして詰めて行きます。

慣れて来れば駅前で10分の作業、決して難しくはありませんよ。

「輪行」自転車旅の登竜門的な遊び方、是非一度挑戦してみてください。

 

image008

電車に乗ったら先頭もしくは最後尾車両に乗車しましょう。

ちょっと大きめの荷物を持っての乗車ですのでちょっとした気遣いは大事ですね。

もうあとは目的地まで電車に揺られるだけ、目的地でどこへ向かうかをこの間に悩むことにしましょう。

image010

 

到着してバッグから引き出した状態。

たった前車輪を外しただけで電車に乗せることができるんですね。

しっかりと組み立てし最終チェックをしたら、さあ出発です!

 

image012

河口には立派な桜が。

もうすでにお花見の人で街はにぎわい始めていました。

いよいよ春本番ですね。自転車をこぐ気持ちも高ぶってきます。

 

image014image016

今週も早目にご飯にありつけました。

今週は横浜中華街。好みの中華を探して自転車押しながら進みます。

見つけたのは? 本格四川、何とも私の大好きなホワジャオたっぷりのコースを発見です。

自転車に鍵をかけ、一時さよならをしてきます。

こんな時も迷惑にならない所へしっかりと施錠して行きましょうね、心焦り鍵のかけ忘れなど無いように注意です。

 

名称未設定-1

あ〜、楽しかった。
何とも言えない独特な空気感、アンティーク好きな私はとても楽しめました。
地元とは違う街を自転車で走り、気になる所へどこでも行けてしまう。
やはり自転車が一緒にある休日は良いですね、とても楽しい休日を過ごせました。

image040

 

 

 

帰りも袋へ詰めて「輪行」

(実際に電車へ乗せるときはサドルもきっちり袋の中へ納めてくださいね、写真用にこの時だけサドルを出しています)
家の近所まで電車で帰るもいいし、ちょっと手前の駅で降りて少し走って帰るのもおすすめです。
休日プランの幅がとても広くなる「輪行の旅」は是非お勧めです。

BRUNO担当 中里