雨が味方することだって、あるのです

IMG_7308

ゴールデンウィークの【京都、自転車ランデブー】な怒濤の5日間を、静かに振り返っている週末です。それに しても連休中のこの日だけ、この日に限って雨……。晴れることしか考えていな かった私は、起きたときの降り様にがっくり。サイクリング with BRUNOな1日 は、小雨に始まったのでした。

IMG_7298

  IMG_7304

 

BRUNOガレージでスタンバイしていた、みんなのBRUNOを、各自の背丈にあわせてフィッティング。ヘルメットの正しいかぶり方も伝授いただいたところで、上賀茂~静原・大原~上賀茂をめぐる約30kmの自転車旅へ出発です!

IMG_7345

IMG_7336

出発したころ降っていた雨もすぐに止み、ゆるゆると続く坂道。おかげで走って出る熱量から、雨具も脱ぎ捨てこのとおり。鯉が天に向かって舞うように、みんなのテンションもあがります。それもそのはず、このあとお目当てのランチがお待ちかねなんですから。

IMG_7388

「今回のランデブーで上賀茂~大原を目指したのも、かねてから行ってみたかった【カフェ ミレット】へみんなを誘うためでもありました。体においしいのはもちろん、見ためも量も、カフェの雰囲気も◎。私たちへのへの最高のご褒美に会話も箸も進みます。この場を去りがたく思いながら、江文(えぶみ)峠へと向かいます。

 

IMG_7424

IMG_7429

この日のサイクリングでは、上賀茂から静原、大原へ“峠を越える”達成感はもち ろん、その先に大原があることの発見と、そこを自転車でめぐることを体感して 帰ってもらうことが狙いでした。この表情をみていれば、十分にそのことが伝わ ったように思えて、私はひとり充たされてみんなの姿を見つめていたのでした。

IMG_7457

 

IMG_7492

 

雨という現実にちょっぴり悔しい思いもあったのですが、連日の暑さからすれ ば、このくらいの雨ならむしろ有り難いこと。青々とした木々が、いっそう美し く映えた雨の日のサイクリング。走り終えるころには青空が私たちを迎えてくれ たということも、ドラマティックな思い出になったのでした。

IMG_7522 IMG_7527

そうそう、雨でしっかりBRUNOも汚れてくれたおかげで、メンテナンスと自転 車ケアも、みんなで楽しめたのですから!またきっと秋までの良きときに、サ イクリング with BRUNO、企画しますからね。雨の日を狙っ……て? 笑

 

 

KaO

 

 

 

 

 

究極の機能美、B_ant 406Steel 待望の新登場!

DSC_8528

妥協のないフレームワークとその細部の美しさが目を惹く、406 SteelのNewモデルがついに登場!今回はその究極の機能美ともいえる、こだわりのディティールをみ紹介します。

 

DSC_8546

1番目を惹く美しくベンドした繊細なシートステイ部、路面からの振動を最小限に抑えます。

 

DSC_8574 DSC_8568

美しくロウ付けされた溶接部分が所有するよろこびを満たしてくれます。

 

DSC_8554 DSC_8553

一本一本、手仕事でマスキングされた美しいメッキ部分はとても手間のかかる作業です。

 

 

DSC_8559

406 Steelのもっとも美しいアングル、扁平したトップチューブは美しさだけではなく、

振動吸収性に優れ、快適なロングライドを約束します。

 

DSC_8534 DSC_8611

B_ant 406 Steel

旅にフォーカスした拘りのアッセンブルも特徴のひとつ、オリジナルで一から作られたワイドドロップバーは
【実際フラット部分を握って乗る事が多い】というサイクリストの意見を反映したプロダクト。
そして使い込むほどに身体に馴染み味わいが出る、自転車旅のマストアイテムBrooksサドルとバーテープを標準で装備。
美しい仕上げのフレームは、日本製のパイプにロウを入れ込み作られ、フレーム全体に錆びに強いメッキ加工を施してある。
まさに自転車旅に最適な仕上がりとなっている。

全てのサイクリストに対応可能な4サイズ、2カラーの豊富なラインナップがそろっている。

 

製品についてのお問い合わせはこちらまで。

ダイアテックプロダクツ お客様サポート室

お問い合わせ 電話番号 075-644-7776 (平日10:00~17:00)