A-O-I、海を渡る (後篇)

BRUNOでニッポン各地を旅するツール・ド・ニッポンで訪れた小 豆島。青々とした棚田の、ゆるやかなのぼり坂を進んで体が馴れたころ、たどり着いたのは中山 農村歌舞伎。その起源は、約300年前の江戸中期。お伊 勢参りに出かけた島の人が持ち帰ったものといわれ、島人たちが集落の大切な伝統芸能として守 り

0630_bruno02 0630_bruno01

 

島民でもあがったことがない、人も多いという舞台にあがり、貴重な歌舞伎小屋を見学させても らった一行が、待ってました!と飛びついたのが、こちらのお弁当。

0630_bruno03 0630_bruno04

 

歌舞伎を鑑賞するときに食されていた「わりご弁当」。わりごは、台形や四角い小ぶりの弁当箱 が約20個入るこの箱のこと。お弁当を手に、地域の人たちが賑やかに楽しく歌舞伎見物していた ことを想像しながらペロリ。参加者たちと分かち合って食べ、いよいよ峠を目指します。

 

0630_bruno05

0630_bruno06 0630_bruno07

 

棚田から山をこえ、池田港と海を横目に感じる開放感とうらはらに、三都半島にそびえる段山へ とつづくアップダウン。一番の“がんばりどころ”でもある峠を目指す自らを、とにかくふるいたた せることへ集中すること約10分。全体としてはほんのわずかな時間でも、ここでの達成感は、後 に勲章のような記憶として残るはず。乗り越えたみんなの表情から、そんなことが伝わってきま す。

0630_bruno080630_bruno09

 

峠を制した私たちは、もう無敵! BRUNOを渡し舟に乗せて、二十四の瞳映画村へ。この、“舟”を活用したのが、 小豆島サイクリングのユニークなアイデアでした。オリーブ公園のあたりから、草壁港・醤の里へ ゆくのに、交通量の多い幹線道路しか選択肢がない……と嘆くことなく、舟で快適に、海をわた り、車の行き来を心配することなくヤマロク醤油へゆるゆる、ゆる。醤油の 香りただよう町を、自転車でのんびりめぐるひととき。

0630_bruno10

島に吹く風
山と海と里の美しい景色
とびきり美味しいご飯


そして魅力あふれる島人たちとのふれあい

きっとまたすぐ、帰ってきたいという思いを抱きながら、島を離れる人、それを見送る人。港か らそれぞれの日常へと戻ってゆく背中を、島の風はそっと押しているようでした。

 

0630_bruno11

KaO

 

A-O-I、海を渡る (前篇)

このほど、AOI(葵・青い)と命名された蒼いBRUNO。海を渡ってまいりました。

0622_01_AOI

更新が遅くなってしまったのですが、5月末日のこと。BRUNOでニッポン各地を旅するツール・ ド・ニッポンで訪れたのは、香川県の小豆島。ところが気合い十 分、五月晴れ!を想像していた私の耳に、思いもよらない情報が飛び込んできたのは、開催の数 日前。

“なに?雨予報!?” いやいや、雨が降るなんてこれっぽっちも思ってやしませんよ。しかし、さ すがに2日前の降水確率100%には、まいりました。参加者への直前案内にも、“念入りに雨対策 を”と呼びかけて迎えた当日……雨あがりの霧の朝、清涼な空気に包まれているじゃないですか!

 

0622_02_IMG_9683 0622_03_IMG_9689

まぁツールドといえば、なお決まりの嬉しい奇跡で、2015年シーズンが幕を開けたのでした。 東は東京から西は大分と、各地から船や、船とバスを乗り継いで土庄港へと続々と集まる参加者 の皆さん。BRUNOの点検とフィッティング、自転車の乗り方、集団で走行する際の注意点などを 伝え、準備体操を済ませたところで、いよいよサイクリングスタート。

0622_04_IMG_9701

小豆島は、外周をぐるっと1周して約100km。瀬戸内の美しい海に浮かぶ島ということもあっ て、サイクリストにも人気の場所なのですが、そこを、ツール・ド・ニッポンでしか体験できない 1日にするのが私の仕事。

0622_05_IMG_9766

小豆島のBRUNO BOYZ(後日、ご紹介しますね)と、試走・下見の段階から相談・検討を重ね て完成したルートは、山あいの棚田、暮らしや伝統を訪ね、峠を越える達成感、ご褒美のクルージングに、島の大切な食文化とのふれあい……詳しくは、BRUNOPAPERSKY、小豆島町との合作によるBicycle Mapをご参照ください。

0622_06 0622_07_IMG_9881

0622_08_IMG_9845

 

山あいに広がる棚田の風景は、私が各地を走るときに好んで選ぶもののひとつ。とりわけ、そこ に暮らす人たちの気配を感じられるのが嬉しいのだ。カルガモの親子が住む川沿いの小径、棚田 の間の畦道、散歩する人たちと挨拶を交わして軽快に抜ける。しばらく続くゆるい坂道も、こう して走れば気持ちも軽やか。

そうこうしているうちに辿り着いた先は、中山農村歌舞伎。歌舞伎小屋からつづく、小豆島サイク リングのつづきは、後編につづきます。

KaO

BRUNO BLACK EDITION

BRUNOと言えば、カラフルなイメージが多いかもしれませんが、Black Editionというラインがあるのはご存知ですか?

Black Edition はシャープでスタイリッシュなイメージはもちろん通常のブラックとは異なり、Bruno らしく、つや感やグラフィックの細部にまでこだわった特別仕様のBruno バイクです。

 

3車種のラインナップ

BRUNO Day Tour 700C Flat

 

2-2

Day Tour 700C Flat

安定感のある走り。
フロントは3段、キャリアにパニアをつけて、街乗りから中~長距離のツーリングにも対応可能。
フロントにカゴをつけて日々の足としても便利。

 

BRUNO Minivelo 20 Flat

 

1-2

Minivelo 20 Flat

アルミフレームでキビキビとした走り。
BRUNOの安定感に加えて、加速がよいので、ストップ&ゴーが多い街中で活躍。

BRUNO Minivelo 20 Mixte

3-3

Minivelo 20 MIXTE

乗り降りがしやすく、安定感も抜群。
もともと女性向けのミキストフレームですが、最近は近場の足として男性人気も上昇中。

カラーカスタムも楽しくなります。
車体の色を抑えているからこそ、カラーカスタムで色を差し込んで楽しむのもよいかもしれません。

5

詳しくは、BLACK EDITIONサイトでご確認下さい。

Day Tour 700C Flat
Minivelo 20 Flat
Minivelo 20 MIXTE

取扱店舗
BLACK EDITIONアイコンの付いた店舗にて取扱っております。
BRUNOディーラーリスト

 

URBAN RESEARCH DOORS 虎ノ門店

IMG_3436

 

先月5月22日に話題のエリア虎ノ門にオープンしたURBAN RESEARCH DOORSさんにBrunoがレンタルバイクとして採用されました!

 

IMG_3418

 

BROOKSサドルでちょっぴりカスタムされた2015年モデルのMinivelo 20 MixteMinivelo 20 Flatがレンタルバイクとして誰にでも乗っていただけます!

IMG_3423 IMG_3425 IMG_3426

アーバンリサーチさんセレクトのアパレルはもちろん、SOMOSOMO BOOKSというこだわりセレクトの書籍類や

ステキな雑貨、カフェスペースも隣接されていて衣食住と楽しめる、とってもリラックスできる空間になっています。

Brunoも大活躍ツールド・ニッポンでおなじみのPAPERSKYさんの物販スペースも!

なかなか、お店では手に入れられないルーカス編集長こだわりのオリジナルグッズが手に取ることができますよ。

 

1C

 

そして、サイクリングには欠かせない、虎ノ門バイシクルマップも完成!リンクからダウンロードも可能ですのでぜひ!

URBAN RESEARCH DOORS 虎ノ門店さんでショッピングのあとはBrunoでふらっと虎ノ門探索なんていかがですか?

Brunoオススメスポットです!

 

URBAN RESEARCH DOORS 虎ノ門店
〒105-0003 東京都港区西新橋2丁目17-4
TEL&FAX:03-6452-9335
営業時間:11:00〜20:00

TINY GARDEN KITCHEN 虎ノ門店
〒105-0003 東京都港区西新橋2丁目17-4
TEL&FAX:03-6452-9260
営業時間:11:00〜23:00

 

スクリーンショット 2015-06-03 18.55.41