HELLO! PICNIC CYCLING!!

Bento Ride
お弁当✕サイクリング!

こんにちは! cycle編集部の杉谷です。
先日、大阪で食いしん坊にはたまらない
サイクリング・イベントを開催しました。

その名も「Bento Ride」!

Bento=お弁当。このイベントは、
1、お弁当のおかずをさがしてサイクリングする
2、公園でピクニックしながらお弁当箱におかずを詰める
3、オリジナルのお弁当を完成させて「Bento大賞」を目指す!
……という、かなりゆる〜い内容。

速さや距離ではなく、「完成したお弁当のステキさ」を競います。

というわけで、5月のある晴れた週末に
旅がテーマの自転車「Bruno」とコラボして、イベントを開催。
総勢20名ほどでサイクリング&ピクニックを楽しみました。

お弁当のおかずは、“大阪の台所”として名高い日本一長い商店街「天神橋筋商店街」でハンティング。
その後、中之島公園の木陰でレジャーシートを広げてピクニック。

唐揚げ、コロッケ、肉巻き…といったガッツリメニューから、インパクト重視!?な鯛焼きまで、
いろんなおかずが大集合して、参加者の皆さんのお弁当箱をにぎやかに彩っていきます。

完成したらインスタントフィルムで撮影して、木陰で写真を展示。
みんなで投票して、栄えあるBento大賞を選出しました。

お弁当のおかずを探しに出かける――。
たったそれだけ!?のワンアイデアでも、
自転車のある生活はグ〜ンと楽しくなります!

活気ある商店街や朝市を目当てにサイクリングを計画したり、
名物グルメをテイクアウトして近くの公園までプラッと走ったり。
身近なスポットが実は、“非日常”の入口につながっています。

公園でのピクニックが最高に気持ち良いこの季節、
そんなゆる〜いピクニックライドを試してみませんか?


 fb85146785fbc85f4da96851c5c9c708-140x140

PROFILE

杉谷 紗香

季刊紙cycle 編集発行人・編集者

文化系自転車乗りのためのフリーペーパー「季刊紙cycle」編集発行人。株式会社ピクニック社 代表。
仕事は編集と執筆、たまに写真撮影と4コママンガも。食いしん坊で料理好き、最近はピクニックに夢中。
日々の相棒は2013年秋生まれの男児。自転車と、食・音楽・アートが近くにある暮らしと旅を好む。

http://www.cycleweb.jp

cycle_28_160118

自転車、アウトドア、写真、ファッションをサポートするWEBポータルサイト
LIFECYCLES ライフサイクルズにも連載中
http://lifecycles.jp

風のように走ろう! 京都、自転車ランデブー 〝サイクリング with BRUNO〟レポート

こんにちは、自転車アクティビストKaOです。BRUNOで、京都の〝新緑〟を楽しむ、春の「京都、自転車ランデブー」今年も開催いたしました。

妙心寺派のご住職で、京都の花園禅塾の塾頭をされている羽賀浩規さんにご一緒いただき、サイクリング&坐禅を楽しむ一日。その日、羽賀さんがご用意くださった坐禅の資料には、和尚得意の切り絵で「起清風」の文字が。私たちにとってのテーマ?のようにも感じられるものでした。

起清風

上賀茂にあるBRUNOのオフィスを出発して、はじめに立ち寄ったのは「龍安寺」。枯山水の石庭で有名な場所ですが、観光に訪れていた多くの一を横目に、静かな坐禅のひとときを過ごし、お昼には「湯どうふ」をいただきました。

龍安寺を後にした一行は、きぬかけの道を、仁和寺や広沢池、大覚寺などの名所を行き過ぎながら嵐山の竹林へ。

6

当日の人の数によっては避けようかとも思っていた竹林へ、私たちは自転車を引きながら突入!……しかし、さすがにゴールデンウィークまっただ中の竹林の小径の人出は、すごかったです。写真を撮ったあと、それぞれにのんびり歩いて渡月橋へ、なんとかたどり着いた、というような始末でした。

さて!気を取り直して、太秦映画村からほど近い、太秦面影町の住宅地にある蛇塚古墳を見学しながら、賀茂川へ一目散に目指して向かった私たち。

そこで待っていたのは、からからに乾いた体が欲していた、スイーツ&珈琲ブレイク。WIFE & HUSBANDのピクニックセットで、到着にあわせていれていただいていた美味しい珈琲と、御菓子丸の杉山早陽子さんによる和菓子〝雲の味〟で、川沿いの心地いいひととき。
11

途中、二度のパンクがありましたが、チームBRUNOによるグッドサポート! によりスム ーズにかつ安全に、一日を終了。

走る時間と、止まる時間。静と動のどちらもの時間を楽しんだ、初夏のサイクリング・デイ。風と緑の美しい季節に、お天気にも恵まれたBRUNOサイクリング。改めて、参加くださった皆さん、羽賀和尚、チームBRUNOに感謝の一日でした。

8

9

「京都、自転車ランデブー」では、京都という町の小さな発見を、自転車で四季折々に楽しむ企画を引き続きBRUNOと行なっていきますので、こちらも、お楽しみに!